#薬堂

藤図 卵殻手 古山造 デミタスカップ&ソーサー

15,000 税込み
古山造の銘のある、明治時代頃の輸出用カップ&ソーサーです。
薄手の卵殻手で、横浜焼・東京焼と言っていいと思います。白の藤はいっちんと呼ばれる技法で、少し盛り上がって描かれています。

1867年(慶応3年)、1868年(明治1年)のパリ万博への出品をきっかけに日本の文化が注目され、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで「ジャポニズム」と呼ばれた日本ブームが起きました。
1872年(明治5年)にはヨーロッパの需要に応えるため、政府主導で東京や横浜などに次々に工房ができて海外向けの陶磁器を製作し始めたのが、横浜焼・東京焼です。
最盛期の1882年(明治15年)には横浜は全国陶磁器総輸出額の3分の2を占めていましたが、1902年(明治35年)頃になるとアール・ヌーヴォーやアール・デコの台頭による影響から徐々に衰退し、大正12年(1923年)の関東大震災を経て終焉を迎えました。

カップΦ47 x H46mm (取っ手含まず。計測は誤差がある場合があります。)
ソーサーΦ110 x H20mm
カップの満水容量は約60mlです。

細かいスレはありますが、割れや欠けはなく使用感のないきれいな状態です。

状態の詳細は写真をご確認ください。
カテゴリー:
商品ID:
22152
商品の状態:
目立った傷や汚れなし
製作地域:
日本
発送までの日数:
2日以内
薬堂
日本の江戸から昭和初期にかけての、陶磁器、ガラス、薬のパッケージなどを中心に出品しています。
東京/有楽町の大江戸骨董市にもほぼ毎回出店しています。
古物商許可証:東京都公安委員会 第305492117689号