#薬堂

伊万里 雲龍文 蕎麦猪口

6,500 税込み
江戸後期の伊万里の蕎麦猪口です。
定番の雲龍文ですがとても丁寧に描かれています。
端反りのものはよく見かけますが、高台が少し盛り横にせり出しているのが珍しいと思います。

龍は、トカゲに似た雨龍が初期伊万里にありますがその後はあまり描かれず、江戸中期の後半に描かれ始め、後期に流行した文様です。
この蕎麦猪口のような、線描きだけで塗りつぶさないものを素書(すがき)と呼んだそうで、清朝磁器の影響で始まったので江戸後期に多いです。

そば猪口は17世紀前半に向付として生まれ、18世紀後半のそば屋の大流行しとともに蕎麦つゆを入れる器として普及し、19世紀には今のようにお酒や飲み物を飲んだりするのにも使われていたそうです。
現在でも色々と使いやすい大きさと形の器です。

Φ84 x H59 mm(計測は誤差がある場合があります。)

見込みと高台に線がありますが製造時にできたものと思います。
細かい、茶色い点(おそらく焼成時に鉄分が染み出してきたもの)、釉抜けなどありますが、
割れや欠けはなく、全体的に良い状態です。
状態の詳細は写真をご確認ください。
カテゴリー:
商品の状態:
目立った傷や汚れなし
製作地域:
日本
発送までの日数:
2日以内
薬堂
日本の江戸から昭和初期にかけての、陶磁器、ガラス、薬のパッケージなどを中心に出品しています。
東京/有楽町の大江戸骨董市にもほぼ毎回出店しています。
古物商許可証:東京都公安委員会 第305492117689号