#薬堂

菊弁・菊葉文 蕎麦猪口

20,000 税込み
端反り型の菊弁・菊葉文の蕎麦猪口です。
連子・格子文とされていることも多いですが、
格子の部分は菊の花びら、下に生えているのは菊の葉かと思われますので、菊弁・菊葉文とさせてください。

見込みは寿文かと思いますが、少し崩れた字です。『絵解き謎解き江戸のそば猪口(岸間健貧・2012)』には、この寿文が変形して昆虫文になったのではと図解してありました。
端反りの反りも浅く、内側の底の部分も丸っこくなっていて変わった形です。

高台の内側にホツ(欠け)があります。
他にも経年なりのスレや、細かい窯傷などはありますが、全体的には状態が良く、割れはありません。

状態の詳細は写真をご確認ください。
カテゴリー:
商品の状態:
やや傷や汚れあり
製作地域:
日本
発送までの日数:
2日以内
薬堂
日本の江戸から昭和初期にかけての、陶磁器、ガラス、薬のパッケージなどを中心に出品しています。
東京/有楽町の大江戸骨董市にもほぼ毎回出店しています。
古物商許可証:東京都公安委員会 第305492117689号