#薬堂

クロモリトグラフ挿絵 聖スザンナ 19世紀フランス

在庫なし
1850年頃に刷られた本の挿絵です。
絵の下部にはパリのHangard-Maugéによってクロモリトグラフで刷られたと書いてあります。
図版はローマ皇帝ディオクレティアヌスの頃に殉教したとされる「聖スザンナ」です。

クロモリトグラフとは、ゴドフロア・エンゲルマンが1836年頃に開発したリトグラフの多色刷りの技法です。
色ごとに石版が作成されるので、開発初期には石版への着色に約3か月、1000部刷るのにさらに5か月かかったそうです。
この商品も、顔は点描、服はエッチングで滑らかなグラデーションを描いているのがわかり、かなり手がかかっているかと思います。

19世紀のヨーロッパやアメリカで最も成功したカラー印刷の技術となりましたが、1930年代後半には安価なオフセット印刷に取って代わられました。

H275 x W190mm(計測は誤差がある場合があります。)

経年なりの日焼けや薄いシミなどがありますが、図版はかなりきれいに残っていると思います。
保護紙は、開く時の折れ、シワ、シミがあります。
カテゴリー:
商品ID:
22141
商品の状態:
目立った傷や汚れなし
製作地域:
ヨーロッパ