#薬堂

白磁 そば猪口

12,000 税込み
白磁のそば猪口です。
うっすらと輪線文のような轆轤目があり、釉薬が少し流れているところもあります。
少し灰色の落ち着いた色味で、高台はべた底になっています。

そば猪口は17世紀前半に向付として生まれ、18世紀後半のそば屋の大流行しとともに蕎麦つゆを入れる器として普及し、19世紀には今のようにお酒や飲み物を飲んだりするのにも使われていたそうです。
現在でも色々と使いやすい大きさと形の器です。

Φ79 x H59 mm(計測は誤差がある場合があります。)

茶色い点(おそらく焼成時に鉄分が染み出してきたもの。)、高台に焼成時にできたと思われる線状の釉抜け、高台に砂が付いています。
割れや欠けはなく、全体的に良い状態です。
状態の詳細は写真をご確認ください。
カテゴリー:
商品の状態:
やや傷や汚れあり
製作地域:
日本