#薬堂

伊万里 祥瑞手 寿・宝文 十二角 小皿 5枚

18,000 税込み
真ん中に寿の字が書かれた、祥瑞手の宝文の伊万里の小皿です。
日本でよく書かれた巻物、隠れ蓑なども入っていますが、おそらく中国の八吉祥(法輪、法螺貝、勝幢、宝傘、蓮華、宝瓶、金魚、吉祥紐)が元になって写された文様だと思われます。

高台にある銘の大清乾隆年製は、中国の清の乾隆帝の時代に作られたという意味です。
中国陶磁の絶頂期にあたるので最も贋物が多いと言われています。
乾隆帝の時代は1736年-1795年で、釉薬の雰囲気から見てもそれ以降につくられた江戸後期の伊万里だと考えられます。

17世紀の中頃、中国の明時代の滅亡の混乱で景徳鎮から陶磁器を輸入できなくなった西洋の人たちが、日本の伊万里に明の陶磁器に似せて作らせていたので、日本の伊万里の銘は大明成化年製などの明時代の銘が多いですが、
清時代の銘が入っているのは少し珍しいと思います。

1つΦ105 x H23  mm(計測は誤差がある場合があります。)

縁のまわりの文様が、製造時の焼成の時に流れています。
時代なりのスレなどあります。1つ高台に小さな欠けがあるものがありますが、それ以外は割れ欠けありません。
状態の詳細は写真をご確認ください。
カテゴリー:
商品の状態:
やや傷や汚れあり
製作地域:
日本